our business

業務案内

ナレーション収録 -narration recording-

ナレーション収録

動画で重要な要素は、音声といえます。映像はカメラワーク・画質が多少劣っていても”味”として回避できますが、音声は、視聴者の感情を揺さぶることができる重要なアイテムですので、少しだけ予算をかけてこだわってみてはいかがでしょうか?

余興用の動画でも、プロナレーターによるナレーションが入っているだけで、グンとクオリティはアップします。結婚披露宴、パーティなど多くの人が集まる場所では、テロップにプラスして、ナレーション挿入をおすすめしています。

herovoxでは提携のヒーローガレージボイスと連携し、プロナレーターによる「おまかせ収録」「立会い収録」を選択できます。もちろんスタジオブースに入り、ご自身でナレーションを入れるというのでも大歓迎です。

<Software>

■Core System
Protools 003 Software Ver.10

■Plug in
WAVES Diamond Native Bundle

ブース内の配置例(ナレーション収録時)

  • ナレーター1名
  • ナレーター2名

ナレーター手配の流れ

ヒーローガレージでは、ナレーター事務所『ヒーローガレージボイス』を運営しています。
herovoxは、動画編集だけなく、プロナレーター手配、ナレーション収録、MAまで依頼できるのが最大の特長です。

1.ヒーローガレージボイスの所属タレント紹介ページに、ボイスサンプルがいくつかあがっていますので、案件内容にあうの声のタレントをお選びください。

2.録音日前日までに原稿をお送りください。FAXではなくメールでお願いします。

ナレーション収録の流れ

まだスタジオ録音の経験が少ないディレクターの方は参考にしてください

1.原稿は遅くとも前日までにメールでお送りください。原稿に多少の変更があった場合には、録音前にナレーターに直接指示してください。

【録音当日】

2.原稿は、ディレクター、ナレーター、エンジニアの最低3部と立ち会いのクライアント分も印刷してご持参ください。スタジオにはコピー機はございません。

3.ディレクターとエンジニアとで、原稿の確認、使用する音源(あれば)、納期などについて打合せを行います。

4.ディレクターとナレーターとの間で、原稿の確認を行ないます。原稿の変更箇所は口頭で指示してください。
(ナレーターは予め原稿にメモやマークなど記入している場合がありますので、変更後の新しい原稿を渡したとしても、どこをどのように変更したかを口頭でお伝えください。)

5.ナレーターは録音ブースに入ります。ディレクターはQUEボタン内蔵マイクでナレーターさんとお話ください。

6.一度ナレーターにテストで発声していただき、エンジニアが機材の設定を調整します。

7.録音開始。
読み間違えた場合には、センテンス毎に録り直します。ニュアンスが違うかなと思ったときには、なるべく早く録音をとめて、具体的に指示してください。その方がナレーターにとってもいいだけでなく、録音時間も短縮できます。

8.一通り録音が完了したら、ナレーターにブースから出ていただきモニタースピーカーで一緒にご確認ください。読み間違いはもちろんのこと、ペーパーノイズなども入っていないか、ディレクターとエンジニアが確認します。

9.録り直す箇所をまとめます。

10.ナレーターに再度ブースに入っていただき、一つ一つ録り直していきます。

11.納得いくものが録音できましたら、録音は終了です。その後はエンジニアが編集作業を行います。

収録時間の目安

収録と編集にかかる時間の目安です。正味とは映像の尺ではなく、ナレーション原稿の尺です。
読む平均的なスピードは正味1分で300文字程度です。

・正味10分(約3,000文字)のナレーション原稿 ⇒ 2時間

・正味15分(約4,500文字)のナレーション原稿 ⇒ 3時間

・正味30分(約9,000文字)のナレーション原稿 ⇒ 6時間

料金

Photo

スタジオ予約 STUDIO BOOKING

*は入力必須項目です。
会社名
所属部署
役職
お名前*
電話番号* - - *半角数字
E-Mail*
郵便番号* - *半角数字
都道府県*
住所1
(区市町村・番地)*
住所2
(建物名・部屋)
内容
完成尺
例 (ビデオ:約10分 など)
第一希望日
第二希望日
ご要望・お問合せ

BACK TO THE TOP